脱毛と毛抜きと内出血

脱毛を毛抜きでするときには、さまざまな肌トラブルに気をつける必要があります。

毛抜きでの脱毛処理では、内出血を起こすこともあります。



毛抜きというのは、数本のムダ毛を見つけた時には、すぐに抜けるので楽な処理ができます。ですが毛抜きを使うことで、無理やりムダ毛を抜くことになります。
そうすると内側では、毛穴に近い周辺にある、細い血管が切れます。それが皮下出血を引き起こすこととなります。


赤紫色の斑点である、紫斑が肌にはあらわれてきます。

これが特徴ではありますが、そのまま放置はしないでケアしましょう。



毛穴の脱毛処理をして紫斑が肌に出てきたら、早急に皮膚を冷やす処置をとりましょう。

肌を冷やすという行為によって、その赤みのある症状は、だいぶ軽減されることになります。

ムダ毛を引き抜く行為というのは、肌への負担が人間が思っているよりもずっと大きいです。

簡単なムダ毛処理と捉えがちですが、細心の注意を必要とします。


無理なお手入れとならないように、ムダ毛を毛抜きで抜くときには、ムダ毛の生えている流れに沿って、方向性をみきわめて抜くことです。
そうすると毛根からスルッと抜けますし、皮膚の途中でムダ毛が切れるのを予防することにもなります。


毛穴の途中で切れると埋没毛になりますが、正しい毛抜きの処理方法を心がけると、埋没毛は出来にくくなるので予防にもなります。



毛抜きを使用した時には、そのあとには保湿などをしておくことです。