いろいろな脱毛方法について

脱毛には、一度施術するとその後ほとんど毛が生えてこなくなる永久脱毛とそれに準じる方法及び、一過的でしばらくすると再度毛が生えてくる方法の2通りあります。

後者のような方法は、除毛と呼ぶこともありますが、カミソリやシェバーなどで剃るという簡単な方法から、エステサロンでワックス脱毛と呼ばれているワックスを毛に絡めて乾いたところで毛と共に剥ぎ取る方法などがあります。



これらは、すぐに効果があらわれますので、急いでいる時には有効な方法です。
また、費用が安いのも利点でしょう。

前者には、医療機関などで行われている電気針を使う方法とレーザーを照射する方法及び、民間のエステサロンなどで行われている光を照射する方法があります。
これらは、原理的に同じですが、施術方法と効果に違いがあります。

原理は、毛の成長に関わっている毛根周辺の細胞を熱によって無力化するという単純なものです。



電気針を使う方法は、毛の根本に針を差し入れて、電流を流し針の先端部分を熱して毛根周辺の細胞を無力化します。



この方法は、施術時間が長くなることや施術時の痛みが強いのが特徴ですが、効果は最高で永久脱毛ができます。

レーザーを照射する方法は、毛を剃っておいた部位にレーザーを照射して、色の濃い毛根部と反応して発熱するという現象を利用しています。

これで毛根周辺の細胞を無力化します。


効果は電気針を使う方法に準じます。

エステサロンなどの光を照射する方法は、レーザーを使うものと同じです。

ただ、光の強さがレーザーより弱いので、効果的には少し劣ります。
これらの施術はいずれも1、2年かかり、その間に数回から十数回の施術を繰り返します。
また、施術費用は一般に電気針を使うのが一番高く、レーザー、光の順になります。