エステの光脱毛はどういう仕組みなのか

エステサロンで脱毛する場合は現在では光脱毛と呼ばれる方法が一般的になっていますが、この方法がどのようにして処理を行っているのかを理解する事は安心して施術を受ける上でも重要です。

そのために、ここではその仕組みについて簡単に説明をします。



まず、光脱毛というのは名前の通りに光を照射してムダ毛を処理する方法となっています。


どうして光を当てるだけで処理する事が可能なのかというと、用いている光が体毛に含まれている黒い色素に当たる事で熱を発生させていて、その熱が毛根の毛の細胞にダメージを与えているからです。

一般的なエステサロンだと施術を行う前にジェルを肌に塗りますが、ジェルの役割はその時に発生する熱から肌を守るために塗っています。

ただ、ジェルはひんやりしたりベタベタしたりするのが苦手である人もいて、何とかジェル無しで施術が出来ないかという人もいます。



そうした人は脱毛器に冷却機能を備えている機器を用いる事でジェル不用で施術可能というエステサロンも探せばあります。

ムダ毛を処理するような光が体に当たっても問題が無いのかを心配する人もいますが、光というのは波長によって性質が変わり脱毛に用いている光は紫外線とは異なっているので皮膚ガンになったりシミの原因になるという心配はないです。また、そこまでの透過力があるわけでは無く光は肌のごく浅い部分までしか届かないようになっているので、身体の内部にまで影響を与えるという事もないので安心して良いです。