お中元とお歳暮の違いを知っておこう

お世話になった人へ日頃の感謝を伝えるために贈り物をする風習がお中元やお歳暮です。


贈る目的が同じなので、違いがよくわからないという人も多いかもしれませんが、それぞれの違いを明らかにした上で、相手に失礼がないように感謝を伝えることが求められます。
お中元とお歳暮の主な違いとしては、由来と贈る時期、金額の三つが挙げられます。


それぞれの風習が始まった背景やいつの時期に贈るのか、またどれくらいの金額を使うのかなどを知っておくことが大切です。

お中元の最新情報を見つけよう。

まず由来に関してはお中元は中国由来の文化となります。


お歳暮は日本古来の風習が起源だと言われています。



どちらも感謝を伝える贈り物という点では同じですが、お中元の場合には上半期、お歳暮は1年を通じて感謝を伝えるものとされているので、どちらかと言うとお歳暮の方が重視されるでしょう。


次に贈る時期についてですが、の中間は一般的に関東では7月初旬から7月15日、関西地方は7月中旬から8月15日までに贈るのが一般的です。

しかし北陸野球周、沖縄などは時期が特殊である為、贈る際には十分に注意しましょう。お歳暮は12月13日から12月20日までに贈るのが一般的となっていますが、こちらも同じように地域差があるので十分な注意が必要です。
近年はだんだんと贈る時期が早まってきていて、11月末に贈る人も見られます。



お正月用品として生鮮食品などを選ぶ場合には、出来る限りお正月に近い日にちに届くようにした方が良いと言えます。