専門機関での脱毛の違い

医療機関やエステサロンなどの専門機関で脱毛をする人が増えています。

機器の開発や技術の進歩で、利用しやすい費用になってきていることがあげられます。

ただ、医療機関とエステサロンで使用されている脱毛機器は異なります。

医療機関ではレーザー脱毛が主流ですが、レーザー機器は医療機関でしか取り扱うことができません。

医師の指導のもと取り扱う必要のある機器だからです。
レーザーを照射することによって、毛が生えてくる元となる毛乳頭や毛母細胞を破壊することができます。

破壊するパワーが強いので、脱毛が完了する期間が短くて済むことがメリットです。



高い効果は得られますが、費用が高くなる傾向があります。



ただ、万が一の場合は医師による処方や診察などが受けられる点は安心です。

エステサロンなどで行われる方法は、レーザーと同じような施術方法ですが、レーザーほどの威力はありません。
毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えることのできる光を照射することで効果が得られます。



施術期間はレーザーより多少長くかかる傾向がありますが、痛みをほとんど感じにくい機器であることが多いです。

どちらの方法もメリットとデメリットがありますが、自宅での自己処理よりも肌トラブルを回避でき、きれいに脱毛ができます。

自分がどの程度まで毛を無くしたいか、施術したい箇所、施術場所の通いやすさ、スタッフの対応や雰囲気、予約の取りやすさなどさまざまな点を考慮して、施術する場所を決定することも大切です。