敏感肌のための正しいスキンケア化粧品の選び方

ちょっとした刺激に過敏に反応して肌トラブルとなる敏感肌。脂性肌、乾燥肌などと同様、病気ではありません。ただ、状態が悪化すると化粧できないほど大変なことになる可能性もあります。ひどくなる前、初期の状態で正しく対処することで、健やかな肌に戻れる可能性が高いです。

敏感肌に限った話ではないですが、メイクアップ化粧品よりもスキンケア化粧品選びが何より大事です。というのは素肌に直接つけるものだからです。自分にとってのアレルゲンが含まれないのはもちろん、重視したい効果があります。それが保湿です。

肌の潤いを復活させるための保湿成分が含まれている化粧品を選ぶのが、敏感肌のスキンケア化粧品の選び方の大前提です。保湿成分として最近注目をされているのがセラミドです。こちらは角質層の細胞間脂質の大半を占める成分です。もともと肌にある成分なのでアレルゲンとなりにくいですし、分子が小さいので肌に浸透しやすいというメリットがあります。

そんなセラミド配合のスキンケア化粧品を選べばいいのですが、なんでもいいわけではなく、選び方があるのです。化粧品に含まれるセラミドには何種類かあります。その中でも絶対に使ってほしくないのが疑似セラミドです。名前のごとくセラミドに似せては作られているけれど違うものです。

健やかな肌の人であれば保湿効果が期待できるかもしれませんが、敏感肌さんには逆にアレルゲンとなる可能性があります。選びたいのがバイオセラミドです。酵母から作られたこの成分は人のセラミドと化学構造が同じなのでアレルゲンとなりにくいからです。選び方としてはバイオセラミド配合のスキンケア化粧品を見つけることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です