にきび予防は食生活の改善から

にきびは肌疾患の一種ですが、身体の内部から発生するものです。食生活のバランスがお肌に影響することからもわかるように、にきび予防は食生活の改善から行っていく必要があります。とは言っても、バランスのよい食生活を維持するのは難しいものです。昔の人と比べて現代人は食生活のバランスが乱れていると言われていますが、この理由には生活の多忙化があります。

女性の肌トラブルやにきびが昔よりも増えた理由にも、女性の社会進出によって仕事が多忙になり、食生活のバランスが乱れたこともあるでしょう。バランスのよい食生活は、和食をイメージするとわかりやすいです。和食と考えて頭に浮かぶメニューは大抵身体にいいのです。ただし、食材に含まれる栄養価が昔より減少している現代では、バランスのよいメニューを意識しても、なかなか難しいものです。

そこはサプリメントを補助的に使うなどして、不足する栄養をカバーするといいでしょう。にきび予防のためには野菜や海藻類、青魚などがおすすめの食材ですが、好きなものを完全に我慢する食生活はいけません。脂肪や糖質を摂りすぎると太りますが、太らないように適量を摂るならまったく問題ありません。食べたいものを我慢しすぎるとストレスが溜まり、ストレスはお肌によくありません。

何事もやりすぎはダメなので、食事療法もストレスが溜まらない程度に行うべきでしょう。普段の食生活に野菜を多めに取り入れてみる、揚げ物の摂りすぎを控えるなど、気軽に長く続けるのが成功の秘訣です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です