思春期のにきび予防のためのスキンケアのポイント

成長ホルモンが盛んに分泌される思春期は、成長ホルモンの影響を受けて皮脂が盛んに分泌されるため、皮脂が毛穴につまってにきびができやすくなります。こうしたいわゆる「思春期にきび」を予防するには、思春期の皮脂の過剰分泌に負けずに毎日しっかりとスキンケアをすることがポイントです。まず、思春期のにきび予防のためのスキンケアで大切なのは、毎日朝晩しっかりと洗顔するということです。特に、朝はギリギリまで寝ているという方も多いと思いますが、皮脂の分泌を促す成長ホルモンは夜寝ている間に多く分泌され、その影響で朝でも皮脂の分泌量が増えやすいので、少し早めに起きて毎朝丁寧に洗顔することが大切です。

洗顔では、洗顔フォームを使用して額や鼻の周りなど皮脂が多く分泌されている部分を重点的に丁寧に洗います。ゴシゴシと洗い過ぎると皮脂を取り除き過ぎて洗顔後に乾燥を招いてしまうので、手のひらや指の腹を使って優しく洗うようにしましょう。また、大人のスキンケアの場合には、洗顔後に乾燥から肌を保護するために乳液や保湿クリームを使用することが多いですが、皮脂の分泌が盛んな思春期のスキンケアでは、乳液や保湿クリームで油分を皮膚に供給するとかえって皮脂が詰まりやすくなってしまう場合が多いので、洗顔によって失われた水分を供給するために化粧水を少量だけ塗布するだけで十分でしょう。ただし、にきびを潰してしまうとそこから細菌が侵入して化膿しやすくなるので、にきびが既にできてしまっているときには、誤って潰してしまわないように細心の注意を払って洗顔を行なうことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です