にきびの予防について

にきびは一つでも出来ていると憂鬱になるものです。赤みを伴ったり、白く脂が浮き出たりとにきびにも種類がありますが、痛みを伴うものであったりすると尚更辛い思いをします。出来てしまうことの原因にストレスや睡眠不足、食生活の乱れや不規則な生活や多忙な労働など、様々な原因があります。思春期のものと違って、大人になってから出来てしまうにきびには複雑な原因が作用してきます。

皮脂の詰まりが原因でもあるので、清潔に保つことも予防の一つになります。出来やすいと感じる人は朝晩必ず洗顔料で洗顔した方が良いでしょう。夜、寝ている間も顔には汗をかくので、朝、水だけの洗顔では汚れは充分に落ちていません。油性肌の人は皮脂が詰まりやすく、出来やすくもあるので、必ず洗顔料で汚れを落とした方が、夜、寝ている間の皮脂の汚れを落とすことが出来ます。

自分に合ったスキンケア商品を揃えることも予防の一つになります。にきびが出来やすい人は専門のスキンケア商品でケアし、洗顔した後は化粧水をたっぷりつけ、水分を補給しましょう。水分不足から出来てしまうこともあります。充分化粧水で補給した後は、必ず乳液で水分を封じ込めましょう。

生理周期などによってもにきびが出来やすい時期があります。生理前は心身ともに敏感になりやすい時期なので、ストレスを受けやすく体もデリケートになっています。メンタル面でもイライラいたり、憂鬱になったり落ち込んだり、または便秘の症状なども出たりと何かと過敏にもなりやすく、出来やすい時期なのでなるべく刺激を与えないことも予防につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です