ダイエットしながら出来るにきび予防に玄米

ダイエットをしながらにきび予防もしたいならば、栄養バランスを考えて取り組むことが大切です。にきび予防には脂質や糖質を避けたほうが良いと言われていますが、これらを過度に制限してしまうと、肌が栄養不足になってにきびができやすくなります。炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルのバランスが崩れると、皮脂が多く分泌されるようになるからです。これを避けるには、栄養バランスを崩さないようにしながら、美味しく食事を摂ることが大切です。

白米よりも玄米に変えれば、美肌に良いビタミンやミネラルをしっかり摂ることができます。白米よりも血糖値を上げないので、太りにくいです。玄米は白米とカロリーはほぼ同じですが、食物繊維が豊富で腹持ちを良くさせる食材です。また、糖質代謝を促すビタミンB1、脂質代謝を促すビタミンB2も豊富に含まれています。

食物繊維は便秘解消効果があるので、にきび予防としても有効です。ダイエットをしていると便秘になりやすいですが、これは食べる量が減ってしまうからです。すると便のかさが減って、便秘になります。すると腸内で食べ物が腐り、有害物質を放出するようになります。

これが血液によって身体中に運ばれることでにきびができることもあります。便秘を解消して肌をきれいにしつつ、ダイエット効果も期待できる玄米を取り入れてみると良いでしょう。また、ストレスでも肌は荒れやすくなるので、無理な食事制限によってストレスを溜めすぎないように注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です