食事でにきびを予防する

にきびは炎症を起してしまうと病院での治療が必要ですが、予防であれば食生活を見直すことで十分可能です。にきび予防に効果的な栄養素はビタミンAです。肌のターンオーバーを正常化する作用があります。肌は新陳代謝をすることで新しい細胞に生まれ変わり続けていますが、この周期は28日です。

ターンオーバーの周期が乱れると、健康的な肌を作ることができないので、ビタミンAで肌環境を整えます。ビタミンAは鶏レバーやほうれん草に豊富に含まれています。ビタミンAには動物性由来のレチノールと、植物性由来のβカロテンがあります。βカロテンは体内にビタミンAが存在すれば、過剰摂取しても有害な影響を与えないので、たくさん食べることができます。

次にビタミンB群には、皮脂の過剰分泌を抑制して肌が脂っぽくなるのを防ぐビタミンB2と、ターンオーバーを促進するビタミンB6がありまう。にきびの炎症を起こすアクネ菌のエサが皮脂なので、ビタミンB2には色素沈着を予防する効果があります。ビタミンB群は豚レバーやニンニク、ゴマなどに含まれています。美肌ビタミンと呼ばれているのが、ビタミンEです。

ホルモンバランスを整える効果があります。男性ホルモンが優位にならなければ、毛穴に皮脂が詰まることもありません。ビタミンEはにきびの原因に直接作用するので、進んで摂取するのが良いです。アーモンドやタラコ、パプリカなどにビタミンEが多く含まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です