にきび予防とオイルクレンジングについて

お肌のにきび予防として、日頃から毛穴を詰まらせないことも大切です。過剰な皮脂分泌は取り去って、毛穴は詰まらせないように日頃からスキンケアをすることです。女性の場合はメイクをしますが、このときにオイルクレンジングには注意が必要になります。1日のおわりには、メイクやほかの汚れを残さず落とすことは大切です。

しかし、しっかりと落としたいからといって、オイルクレンジングを継続的に使用しているのであれば、それは控えたほうが無難です。お肌のにきびが気になるときや、毛穴が目立つ時などは、オイルクレンジングの使用は思い切って控えましょう。たしかにオイルクレンジングを使うと、メイクもどんどん浮いてきますし、しっかりと落とせるので便利です。ですか、にきびができている肌は、すでに皮脂が過剰分泌されています。

油っぽいところに、オイルクレンジングという油分を、さらに付けることになります。油に油ですから、それはまさに、にきびの状態を悪化させる好条件になります。洗い流したつもりが、肌にオイルの成分が残り、それがまた肌荒れを促進させることもあります。オイルクレンジングは、界面活性剤の量も多めです。

お肌への刺激としても、ほかのクレンジング剤よりも強力になります。こういったことから、にきび予防で使うなら、クレンジングオイルは控えてみましょう。代わりにメイクオフには、肌に優しいミルクタイプやジェルタイプを使用してみるのが良いでしょう。ロダン+フィールズのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です