嫌なにきびを予防しましょう

思春期に出来始めるにきびは、顔に出てくるので嫌だなと悩む方も多いです。普通肌の方はあまり出来にくいものかもしれません。しかし、脂性肌のタイプの場合、皮脂が毛穴に詰まることでにきびが出来てしまいます。赤くなったり大きくなったにきびは要注意です。

潰してしまうと肌に大きく穴が開いてしまうこともあります。跡を残さない為には、出来るだけ触らないことが大事です。また、普段からにきびを予防する為に生活習慣を気を付けましょう。夜更かしは肌に良くありません。

肌の細胞が修復される午後10時から7時間程眠ることが大事です。成長ホルモンが活性化される時間帯には眠っていることが美肌のポイントとなります。ストレスを溜めていると、体の調子が乱れてホルモンバランスにも悪影響です。軽く運動をして、ストレスを溜めないようにしましょう。

激しい運動は疲れてしまいますが、15分間だけ歩くだけでも気持ちよくなります。肌だけでなく、健康にも良いことなので続けていきましょう。好きなことをしていると人は嬉しくなります。好きな音楽を聴いたり、友人と話して笑ったりすることで、体の調子も良くなります。

笑うことは美肌に良いことです。また、食生活はとても大事なこととなります。お肉や揚げ物ばかり食べていると、体に油分が溜まりやすくにきびが出来ます。野菜や果物を豊富に摂取して、栄養素を補給しましょう。

特にビタミンCは肌の修復の為に必要な要素です。夜に摂取して、眠ることにしましょう。ロダンフィールズのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です