にきび予防のための生活のポイント

にきび予防には、生活習慣を整えることが何よりも大切です。ポイントは、「バランスの良い食生活」「便秘解消」「衛生管理」「ストレスを溜めない」「十分な睡眠」です。にきび予防に有効な食べ物には、脂質代謝を促進して肌の調子を整えるビタミンB群、ビタミンC、ミネラル群、です。これらは積極的に食べるようにしましょう。

食べ物の例として、納豆、アボカド、卵、キウイフルーツ、イチゴ、柑橘類、ブロッコリー、などがあります。逆に糖分や脂質の摂りすぎは皮脂の過剰分泌を招くので、食べ過ぎないように注意しましょう。お酒は適量ならば良いですが、飲み過ぎは糖質の過剰摂取や肥満の原因になります。お酒を飲む時には、揚げ物などは避けて枝豆などを食べるようにすると良いです。

便秘解消は、腸内の有害物質を溜めないようにするために必要です。有害物質が増えて腸の機能が低下すると、免疫機能が落ちてにきびができやすくなります。肌のターンオーバーが乱れて、にきびが治りにくくなったり、跡ができやすくなります。食物繊維の多い食材を積極的に摂り、適度な運動を心がけましょう。

衛生管理では、雑菌が顔につかないように寝具を清潔に保つようにします。ストレスはホルモンバランスを乱して男性ホルモンを増やす原因になります。すると皮脂が過剰分泌されやすくなるので、穏やかな気持ちで過ごせるようにしましょう。睡眠不足は、免疫力を低下させる原因になります。

肌のターンオーバーを正常にするためにも、夜はしっかりと眠るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です