にきび予防のために食べたい食べ物とは

肌の健康は食べ物と直結していると言ってもおかしくないほど、食べ物が肌に与える影響は大きいです。いくらスキンケアしてもにきびができてしまうというような人は、まずは食生活から予防を考えてみる必要があるでしょう。にきび予防のために食べたい食べ物は数多くありますが、中でも注目したいのがビタミンC、B2を多く含む食べ物です。ビタミンCは肌の調子を整え、健康的な状態へと導く作用のある栄養素です。

肌はたんぱく質などの栄養素を原料として作られる細胞の集まりなのですが、この細胞を上手く合成するためにはビタミンCの力が欠かせません。ビタミンCには肌の細胞の生まれ変わりであるターンオーバーを正常にする効果がありますので、新しく健康的な肌を作るための必須栄養素と言うことができます。またコラーゲンという肌の土台を作っている組織の生成を促しますので、にきびによって傷ついた肌をいち早く回復させ、美しい状態へと戻す働きもしてくれます。ビタミンCを多く含む食品としては、イチゴやキウイ、じゃがいもなどの果物や野菜が代表的です。

水溶性のビタミンであり、一度に摂取しても時間が経つと尿と一緒に排出されてしまいますので、一度に大量に摂取するのではなく、何回かに分けて少しずつ摂ることで吸収率を高めることができます。ビタミンB2は、肌の脂質の分泌をコントロールする働きをします。にきびは過剰な皮脂の分泌が大きな原因の一つですので、皮脂量を適切に保つことで効果的に予防することができます。ビタミンB2は豚や牛のレバーや卵などに多く含まれており、ビタミンCと同じく水溶性のビタミンです。

毎日継続して摂取することが大切ですので、上記の食品を日々の食事メニューに積極的に取り入れるよう工夫してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です