給与前払いシステムはメリットだらけ
2020年7月12日

最適化が望ましい給与前払いシステムの導入サービス

福利厚生の一つとして、給与前払いシステムが注目されるようになりました。

社員ファーストな考えと、離職防止に役立つサービスとして台頭しており、ネット上で調べても複数の会社がそれぞれ独自サービスを提供しています。どのような会社の給与前払いステムが良いのかと言えば、社員数や地域による違いはあり、最適化するには各社の比較を行うことは欠かせません。システムは永年無料としている会社があれば、一定数の社員数を超えている場合はシステムの料金が発生したり、完全に月額制で導入するタイプも存在しています。支払い方法も指定銀行を決められていて、口座を作って導入する会社や、スマートホンで操作可能なネット銀行を使える会社、既にお持ちの銀行口座に細かく対応する会社まであります。

給与前払いシステムを提供する会社では、月額制以外では手数料を徴収することで成り立っている会社も多く、一般的に多いシステムでは利用する社員側に3%から6%程度の手数料を設定していることも目立ちます。最適化するには、利用する社員にできるだけ負担を掛けずに前払いシステムを使ってもらえるように配慮することが重要です。支払先の違いもあり、前払いシステムを提供する会社が立替えで支払う方法と、自社から直接に支払う方法にも分けることができます。どちらにしても手数料は発生するものですが、余りに高額な手数料に設定しているシステムの場合は、社員ファーストの考え方からも避けるべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *