給与前払いシステムはメリットだらけ
2020年7月3日

社員の意欲を高める給与の前払いシステム

給与の前借りといえば、従業員の生活を守るための福利厚生事業として制度化している企業は昔からありましたが、近年ではこれとは別に前払いシステムという制度を導入する企業も増えてきています。

支払い時期や回数により柔軟性を持たせることで、従業員満足度を高めたいというのが導入に際しての主な理由です。前払いシステムは、従業員からの申し出に基づいて給与を前倒しで支給するというものです。いわゆる前借りが一種の借金であり、まだ働いていない分も支給する代わりに後日返済を求めるのに対し、このシステムで支給されるのはすでに支払いが確定した分だけです。つまり前回の給与支給日から20日経過していれば支給限度額は20日分となり、残りの10日分は次の支給日が到来した時に支払われます。前払いシステムを導入すれば、たとえば月の途中にまとまった出費をしなければならなくなった従業員に対し、貸付とは違った形で資金を与えることができるようになります。

借金ではないので従業員側の心理的抵抗は少ないですし、企業側も債権管理の必要がありません。急な出費がない場合でも、たとえば家賃を支払う時に1度前払いを申請し、子供の学費を納入する時にもう1度申請し、残りは本来の支給日に受け取るといった具合に、家計の状況に合わせて資金を引き出せるのは非常に便利です。「従業員思いの企業」として、求人市場における評価を高めるのにも役立ちます。余分なコストをかけずに職場の魅力を高められるシステムであると言えます。
給与の前払いシステムのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *