給与前払いシステムはメリットだらけ
2020年6月21日

給与の日払いシステムとは?

給与日払いシステムとは、毎月決まった日に指定の金融高座に給料が振り込まれるのではなく、もらえる給料の一部を前払いできるシステムのことです。

給与日払いシステムの従業員側のメリットは、働いた分のお金をすぐにもらえることができる点です。そのようなシステムのある会社は、福利厚生が充実しているということで求人応募が増えるという特徴があります。会社にとってのメリットは、社員の定着率が高くなる点です。従業員の福利厚生が充実することによって、せっかく良い人材が入ったのにすぐに辞めてしまうことを防ぐ効果があります。ただしこの給与日払いシステムを使用すると、利用する従業員は手数料を払わなければなりません。

手数料を支払うことによって、給料日を待たないで給料の一部を受け取ることができます。手数料がかかるとデメリットのように感じる方もいるかもしれませんが、キャッシングやカードローンの利息に比べれば安いです。また返済する必要もないので、精神的な負担も軽いという特徴があります。

基本的に給与日払いシステムは、すでに発生している給料を給料日前に受け取るサービスなので、給料の手取り以上の金額を受け取ることはありません。ただしこのシステムを使用する場合は、カードローンなどと同じように計画的に利用するのがポイントです。あくまで給料の前払いなので、給料日に受け取れるお金が少なくなってしまうからです。次の給料日まで生活できるくらいのお金を残しておくのがいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *