給与前払いシステムはメリットだらけ
2020年6月15日

給与前払いシステムの信頼性は?

給与前払いシステムは、比較的信頼性が高いサービスです。

会社がサービス会社と契約を結んでいるので、労働者は基本的にリスクを負っていません。給与前払いシステムは会社の福利厚生の一環なので、安心して利用することができます。これに対して、給料ファクタリングは信頼度が低いです。給料ファクタリングは会社の同意を得ずに利用者がファクタリング会社と契約をします。悪徳業者に騙されたとしても、基本的に自己責任です。また、手数料も20%~40%程度とかなりの高額です。闇金ほどではないものの、消費者金融よりもはるかに高い手数料がかかります。

給与前払いシステムは会社の福利厚生なので、信頼性は高いです。手数料は「1回あたり500円」と定額だったり、「金額の2%~4%」というようになっていたり、サービス会社によって異なります。場合によっては消費者金融よりも手数料が高くなるので注意が必要です。それでも、闇金や給料ファクタリングを利用するよりははるかにマシでしょう。

給与前払いシステムは借金ではないので、個人信用情報に記録が残らないという点もメリットです。例えば、住宅ローンを利用する前に消費者金融を利用すると、審査で不利になるという噂があります。住宅ローンの申し込み前には、やや手数料が高くなっても給与前払いシステムを利用したほうがいいかもしれません。近年急速に普及が進んでいるサービスであり、将来的には消費者金融よりもメジャーになる可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *