給与前払いシステムはメリットだらけ
2020年6月12日

給与前払いシステムのメリットと注意点

給与前払いシステムのサービスにはどのような特徴があるかというと、従業員が働いた分だけの給料をいつでも引き出すことができる福利厚生的な役割があります。

勤怠管理のシステムとも連動することができるので、担当者の手間もありません。求人広告の応募増加や離職率の改善に役立ちます。ただし給与前払いシステムにも何点か注意点があります。

それは何かというと、手数料や運用コストが高くなる点です。給与前払いシステムを利用すると、導入する企業側と利用する従業員側それぞれに負担がかかります。企業側の負担は、月額使用料が発生する点です。利用するサービスによっては、その料金が高額になる場合もあります。

従業員側の負担は、振込金額に応じて手数料が発生する点です。手数料を差し引かれた金額が振り込まれる形になるので、もらえる給料が減った気分になってしまいます。他にも勤怠データと連携する時に手間がかかることもあります。このシステムを利用する場合は勤怠データや給与データと連携する必要があるので、まずは連動できるかどうかを確認するのがいいでしょう。連動させる時に従業員数が多ければ多いほど余計に費用や手間がかかってしまうケースもあるので注意が必要です。給与前払いシステムを利用する際には、提携している銀行数を確認することがポイントになります。提携している金融機関が少ないと、従業員が利用しづらくなりサービスを導入する意味がなくなってしまうからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *