給与前払いシステムはメリットだらけ
2020年6月9日

給与前払いシステム業者の比較点

給与の日払いを希望する労働者が増えた昨今ですが、人事労務管理やリスク管理の難しさ、経理事務の煩雑さで対応に苦慮する企業も多くなっています。

給与の前払いシステムは、自社構築よりも外部のシステム業者を選ぶ方がスピーディでメリット多く利用できる場合があります。前払いシステムを提供するサービス業者は様々ですが、導入に際しては自社の仕組みにあった業者を選ぶことが大切です。比較ポイントとして、導入費用の有無、勤怠管理との連動方法、提携金融機関の種類の3点が考えられます。導入費用無料をうたう業者も多くありますが、初期費用が安く済む代わりに運用後の手数料が割高に設定されている場合があります。

日払いシステムを使い始めた後の運用コストまで試算した上で導入検討が必要です。勤怠管理を自社で行うのか、労働時間の管理から給与支払いまでを一貫して提供してくれる前払いシステムなのか、自社で行う場合はデータの送受信に互換性があるのかというチェックも必要です。

さらに、給与原資のやりとりで必ず金融機関を使いますので、自社取引のある金融機関を利用できるかどうかも大切な要素です。日払い対象者が増えれば増えるほどに支払い手数料などのランニングコストがかかりますので、どの程度の人員を想定するかによってコストの試算額も変わってくるでしょう。前払いシステムを導入する場合には自社のコストを勘案することはもちろんですが、実際に利用する労働者側が使いやすいかどうかという視点も必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *