給与前払いシステムはメリットだらけ
2020年5月24日

給与日払いシステムの注意点とは

給与日払いシステムは、経営者と従業員の双方にメリットがありますが注意しなければならない点も何点かあります。

従業員側で注意しなければならない点は何かというと、利用した分だけ手数料がかかってしまうという点です。場合によっては日払いを行った内、数%は手数料として引かれてしまう場合があります。またこのシステムを頻繁に利用していると、金銭管理がきちんとできないと判断されて、査定の際に良い印象を持たれないなどのデメリットがあるかもしれません。

経営者側で注意すべき点は、システム導入のための初期費用やセッティングなどの手間がかかってしまうという点です。さらにスマホ操作ができる給与日払いシステムだと、個人情報流出の恐れがあるなど、セキュリティ面も気をつけなければならないというデメリットがあります。さらに注意しなければならない点は、法律的にグレーなところがある点です。

給与日払いシステムには、会社側があらかじめ日払い用資金をプールさせてそこから支払うものと、仲介業者が持っている資金から支払うものの2つの資金繰りパターンがあります。仲介業者が持っている資金から支払う場合、利息のような手数料がかかってしまうので、貸金業と同じと見なされてしまいます。そうなってしまうと貸金業の登録なしに運営していると違法と指摘される可能性が高いです。給料の日払いにかかる手数料を利息としてみなされてしまった場合、給与ではなく金銭の貸付になってしまう恐れがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *