給与前払いシステムはメリットだらけ
2020年5月21日

給与日払いシステムの種類

給与日払いシステムというのは、それまで月給で支払っているものをシステムを提供している会社が立て替えて日払いにすることができるというものです。

従業員としてはいつでも働いたぶんだけのお金を手に入れることができるので急な出費に対応できるなどのメリットがあり、福利厚生の一環として導入している会社も少なくありません。ただ一つに給与の日払いシステムというのは、その中身をしっかりと理解していなければ運用に失敗する原因にもなります。

種類としてはシステム提供型とアウトソーシング型があるもので、それぞれに特徴があるものです。システム提供型の場合には、日払いシステムを提供している会社が日払いを求める従業員に対して前払いを行うというものです。従業員にとっては、手数料が多くかかりますが企業は負担が少なくて済むのが特徴になります。従業員には不利に思えますが制度として用意されていれば、借金とは異なり必要な時に給与を前借りすることができるものです。

一方でアウトソーシング型は、会社が行うべき給与の支払いなどをシステム提供会社が行うというものになり、従業員は手数料が少なくいつでも給与を受け取れることができるものです。導入する会社は負担が大きいもので、準備金を用意しなければなりませんし労使協定を改定するといったい必要に迫られます。ただ福利厚生という点で見れば、アウトソーシング型の方が従業員にとっては利用しやすく導入する意味のある日払いシステムです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *