給与前払いシステムはメリットだらけ
2020年5月18日

給与の支給と日払いシステムについて

給与の支給を行うときには、日払いシステムの導入を行っているところがあり、システム化による省力化が出来ている場合も多いです。

特に軽作業などを行う事業所では、少し人手が足りない場合などで人材を急遽受け入れて対応をすることがよくあります。給与の支払いもその時々により適切に行う必要もあり、日払いシステムのように人手をなるべく省いて対処をすることが求められたりします。一期一会でそのときだけ必要とする仕事があって、紹介派遣会社などから適宜応募してもらうこともままあります。

その場合、人事担当者が個別に対応をするとなると時間も手間もかかるばかりなので、電算化による省力化が欠かせません。後日なるべく早い段階で給与を支払えるように、日払いシステムによる対応を行います。なお、こうしたシステム化では単に支払いだけの作業を行う訳ではありません。後日に源泉徴収票の発行などを行ったりするときにも大いに役立ちます。

単発で仕事に来てもらった人がその年に後日また仕事に入ってもらうことがあり得るため、同じ人間の場合には合算した源泉徴収票の発行が必要です。そのためにもこのシステム化が必要となります。給与を日払いシステムで対応し支払うことで、人事給与担当者の仕事を効率化させられます。また必要な帳票類も発行したり、またマイナンバーの管理なども効率的にかつ確実に行うものです。電算化で可能な限り省力化するとともに、誤りがないように対処を行える体制作りにも寄与します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *