給与前払いシステムはメリットだらけ
2020年5月12日

給与日払いシステムについて

日払いと聞くと、アルバイトや派遣、現場を転々としている職人に馴染みの深い支払いシステムなのではないでしょうか。

1日働いたらその場で給料を手渡ししてくれるので、とてもシンプルなシステムであると言えます。そのような給与日払いシステムを企業の正社員に導入しているところが増えています。ただし月給制から日給制に完全移行しているわけではありません。正確には月給の中から任意の日数分を前払いできるというシステムで、給料日よりも先に日払いで引き出せるようになっています。

会社によっては6%前後の手数料がかかることもありますが、給与日払いシステムは急にお金が必要になった方に好評です。ただしこのシステムを活用しすぎて給料日にお金が全然入らないというようなことを防止するために、社内ルールで限度額を決めているところなどもあります。この給与日払いシステムは、企業と従業員の間に勤怠管理システムを提供している業者が入って、依頼した企業や業者の資金から日払いを可能にしているのが一般的です。

そんな給与日払いシステムには、従業員側のメリットを考えると急にお金が必要になった時に消費者金融を利用するのを防ぐ効果があります。経営者側から見ると、すでに働いてもらった分の給料なので、持ち逃げトラブル等の被害に遭うというようなことはありません。福利厚生が充実しているとアピールすることができ、それによって人材を確保しやすくなるというメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *