給与前払いシステムはメリットだらけ
2020年4月6日

勤怠管理をシステム化するメリットについて

勤怠管理は従業員が一日の所定労働時間を満たしていること、残業がある場合は何時間の残業をしているのかを管理者と当事者の両者が把握をする事、一日の業務内容を管理者が把握することなどの事を意味しています。

時間に関しての勤怠管理はタイムレコーダーとタイムカードを利用することで当事者と管理者は把握を行う事が出来るわけですが、タイムカードに記録されている情報は一ヶ月間全てのチェックと集計が必要になります。所定労働時間を満たしているかどうかのチェックは、会社が定めている出社時刻と退社時刻を守っていること、遅刻や早退が無い事などで行う事が出来ますが、残業時間については何時から何時まで残業をしているのかをチェックし、集計を行う必要が有ります。

社員数が多くなることでこのような業務にかかる工数は増えることになるため、勤怠管理をシステム化する企業も増えています。タイムレコーダーにタイムカードを挿入する事でタイムカードには挿入した時刻が記録されますが、勤怠管理をシステム化する場合は、時刻の記録はパソコンや接続されているハードウェアに保存されることになります。時間の記録がパソコンなどに記録されることで、出社時間と退社時間を自動的にチェックする機能を付けることで遅刻、早退のチェック、一日の所定労働時間を満たしているか否かのチェックを自動化させることが出来ます。また、残業時間についてもリアルタイムに集計が出来るなどの勤怠管理システムを導入する事で従来の工数を大幅に削減できると言う事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *