給与前払いシステムはメリットだらけ
2020年3月3日

日払いの求人における注意事項

求人広告の中で、給与日払い、という記載を目にすることが有ります。

この記載を見て、働きたいときに働けばいいと思ってしまう人も中にはいるのではないでしょうか。しかし、決してそのような事はありません。給与は日払いであっても、仕事は毎日決まった時間に行かなければならない仕事はたくさんあります。日払いというのは、給料が働いたその日にその日の分もらえるという事です。

働いた分その日にもらえるのだから、働かない日は給料をもらえないだけではないかと思うかもしれませんが、決してそのような事はなく、雇用契約の上ではその働く時間や日数を契約することになり、その契約を守らなければ違約金を取られる事にもなりかねません。また、解雇されてしまうことも有ります。これは、日払いという意味があくまでも給料の払い方についてのみ定義した言葉なので、働く時間に対しては別に決められるものです。

ちなみに、その日その日で仕事が与えられる雇用形態は、日雇い、と言われます。毎日毎日仕事がその都度与えられるので、日によっては仕事が無い場合も有ります。また、働きたくない場合には行かなくてもペナルティになることはありません。

しかし日雇いであっても必ずしも給与が日払いという事ではなく、例えば一か月後に働いた日数分をまとめて支払われる場合も有るので注意する必要があります。求人広告を見る際には、記載されている内容を正確に理解した上で、その仕事がどの様な給与の支払い方でどのような働き方なのかをしっかりとチェックした上で自分の希望に合った仕事を選ぶことが大切です。
給与の日払いのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *