お中元は保存が効くものが一番

category01

早いところでは7月上旬から始まるお中元ですが、「何を贈ればいいのか」という悩みは毎年恒例の悩みといっても過言ではないです。
贈る相手がお世話になった目上の人で、その人の好みも考慮すれば贈る品は千差万別もあります。

お中元サイトを見つけることができました。

特に昨今はコロナ禍の影響もあり、消毒液といった衛生商品やご土地グルメなど通常であれば選ばれないだろう品物が2020年に目立った模様です。



とはいえ定番である高級なお菓子やビール、そうめんにコーヒーセットは相変わらず人気を博しています。

あなたの期待に応える保険適用のわきがの情報がてんこ盛りのサイトです。

その理由は単純で、コロナ禍で自粛もとい巣ごもり状態になった際に保存が効くものは都合が良かったからです。


お中元において、保存が効くものは昔から好まれています。

贈る側はともかく、受け取る側は複数の相手から受け取った品物をスムーズに消費するのは難しいです。

順調に消費していくにしてもそれまで品質が保てなくては意味がないため、結果保存が効くものが好まれています。

あと品物の種類ではなく、前もって予算を決めておくことも悩みを解消するポイントです。
目上の人といってもかしこまった品を貰ってしまうと萎縮してしまう可能性があるため、気安い関係であれば3000円から4000円が目安となります。


1万円以上のお中元もありますが、それは感謝が尽きないぐらいにお世話になった人に限るので要注意です。


カタログギフトを贈る手もありますが、いずれにしてもお中元の品は保存性が高いものが妥当となります。


お中元のみんなの常識

category02

北海道は7月15日〜8月15日まで、東北・関東は7月初旬〜7月15日まで、北陸は地域により7月初旬〜7月15日と7月15日〜8月15日までがあります。東海・四国・中国・関西は7月中旬から8月15日まで、九州は8月1から8月15日までなど地域によりお中元そのものの習慣は大きく異なるといいます。...

subpage

お中元のよく解る情報

category02

企業で活躍するビジネスマンは、様々なシーンでお中元を活用しています。特に日ごろからお世話になっている上司などへは、洋菓子などの詰め合わせを購入することが多いです。...

subpage

お中元をもっと知る

category03

日頃お世話になっている方へ、お中元やお歳暮を贈られるという人もおられますが、若い方達には、その習慣はなく、いざという時どのようなものを送ればいいのか分からないという人もおられます。もともとどういうものなのかわからない若い人からすると、いつどのようなものを送ればいいのか、分からないかもしれません。...

subpage

お中元コラム

category04

お世話になった人へ日頃の感謝を伝えるために贈り物をする風習がお中元やお歳暮です。贈る目的が同じなので、違いがよくわからないという人も多いかもしれませんが、それぞれの違いを明らかにした上で、相手に失礼がないように感謝を伝えることが求められます。...

subpage